STUDIO ANAGRAM

TOOU

navigation

TA

Certain objects retain their shape, almost unchanged, in time and design but can interpret and refine their archetype. It happens with everyday objects, used so often that their shape becomes obvious: a fork, a plate, a chair. The shape reflects its use and its aesthetics can never be compromised. This has always been the guideline for our design: a flowing design triggered directly by natural ergonomics. Ta, monosyllabic sound, as simple as the first word of a child, in Chinese, means both him or her, exactly the same, human identity regardless of gender, universal. And the chair is, in fact, a human object, moulded around its use. It traces the profile of the body, eating or working at the table. It allows a resting position, halfway between a state of wakefulness and sleep, moments spent waiting or enjoying company. With Ta, we want to offer an elegantly simple answer to the demand for ergonomics and aesthetics. Its design is inspired by the style of the 50’s but with a touch of absolute contemporaneity, that of honest and democratic design, made possible by an advanced but relatively simple construction technique. Available in a wide variety of solutions, its strength lies in this flexibility. Three solid, flowing and sinuous shells, also available in upholstered version, for completion with five curved metal tubular bases with wooden elements, characterized by essential design. The range of colors proposed reflects a contemporary taste, with the possibility to add seat pads to the shells, making it possible to create numerous customized combinations.

ある種のモノの形は、長い年月が経ってもほとんど変わらないままです。そしてデザインは、そういったモノについては、ある程度決まりきった形にすこし変化を加えるといったことしかできません。フォークや皿、イスといった、いつも使う日用品は、その存在や形があまりにも当たり前になっているのです。形は用途を反映しており、美しさを損なうことはできません。これが、常に私たちのデザインの指針となっています。すなわち、自然な人間工学に直接的に誘発された流れるようなデザインです。Taという一音節の音は、子供が最初に発するような単純な言葉で、中国語では性別に関わらないユニバーサルな人間のアイデンティティを示します。そしてイスは実際のところ、人間にとってのモノであり、用途に基づいて形作られています。テーブルで食べる、あるいは仕事するといった状態での体の形にそったものなのです。睡眠や待ち時間、ひととの交流を楽しむ時間、アクティブな活動ではない休憩の時間、そんなさまざまな姿勢をトレースしています。Taにより、私たちは人間工学と美しさへのニーズに対する、上品でシンプルな答えを提供したいと考えています。1950年代のスタイルからインスピレーションを受けつつ、最新のニュアンスもわずかに加えたデザイン。そのニュアンスとは、先進的でありながらも比較的シンプルな構造によって可能になった、奇をてらわない一般的なものです。その強みである柔軟性は、幅広い解決策にあります。本質的デザインによって特徴付けられる、木の要素を含む5つのカーブした管状の金属の台座。これを完成させるのは、頑丈で流れるように曲がりくねった3つのシェル状の座面。提案される色の幅は、現代的なテイストを反映しています。骨組みにシートクッションを追加することができ、カスタマイズされた組み合わせを数多く作ることが可能になっています。

DESIGN
Simone Viola(シモン・ビオラ)
MATERIAL
[Seat] Polypropylene [Metal Base] Metal [Wooden Base] Oak Wood
COLOR
[Shell] White, Cream, Mustard, Red, Ocean Blue, Cool Gray, Black
[Metal Base] Chrome, Black [Wooden Base] Natural Oak, Black Oak
SIZE
[Side Shell] W:455 x D:560 x H:465/810 mm [Arm Shell] W:580 x D:570 x H:460/820 mm
[Arm Shell / Rocking base] W:590 x D:785 x H:430/800 mm [Low stool] W:455 x D:510 x H:650/950 mm
[Side Chair Low] W:455 x D:540 x H:650/101 mm [High stool] W:455 x D:520 x H:750/105 mm
[Side Chair Low] W:455 x D:540 x H:750/111 m