STUDIO ANAGRAM

TOOU

navigation

HOLI

Gertrude Stein used to say: “A rose is a rose is a rose”. Namely, any thing can only be what it is. However, she also meant that we tend to confer personal and universal emotions to a specific name. A design object stands out for aesthetic, shape and colour, as well as for manageability and functionality. Yet, only a chair has the power to literally disappear from our sight as we are using it, and if we forget about it while sitting, then it means it is very comfortable; it welcomes the weight of our body and allows us to rest, to work or to sit at a table for a long time. Indeed, it fully fulfils our expectations about sitting. At home, in a café, at the office, we sit everywhere. The act of sitting is even more frequent than eating or drinking. We sit tens of times a day without even noticing this automatic yet fundamental action. In fact, only an uncomfortable seat can be felt and noticed as soon as we sit down on it. Holi is a chair that will embrace your body at the right height, allowing to comfortably relax your back while maintaining slim, non-encumbering proportions. The collection offers a wide range of sitting solutions, with or without armrests, and two different heights for the stools, which are all stackable. Holi was designed with either a closed or a perforated backrest, creating an ideal stylistic continuum between indoor and outdoor furniture in order to satisfy any living-space requirement. The metallic structure is painted in the exact same shade as the polypropylene shell, giving the impression of a monoblock element. Available in white, black, red terracotta and olive gray.

かつて、アメリカの作家で詩人のガートルード・スタイン(Gertrude Stein)はこう言いました。「薔薇は薔薇であり、薔薇である」と。つまり、あらゆるものは、そのものにしかなれないのです。その一方でスタインは、あるものの名前には個人的かつ普遍的な感情が込められがちだとも言っています。デザインの対象となるものは、その美しさ、形状、色はもちろん、扱いやすさや機能性でも卓越しています。とはいえ、イスだけは、使用している間は文字通り私たちの視界から消える力を持っており、座っている間にその存在を忘れてしまうのなら、それはとても快適だということになります。つまりイスは、私たちの体重を喜んで受けとめ、私たちがくつろいだり、仕事をしたり、長時間テーブルに向かっていられるようにするものなのです。確かに、イスは「座る」ということに対する私たちの期待を十分に満たしてくれます。自宅で、カフェで、オフィスで……私たちはどこへ行っても座ります。「座る」という動作は、飲んだり食べたりすることよりも頻繁に起こります。私たちは気づかないうちに、この自動的ながら基本的な動作を1日に何十回と繰り返しているのです。実際のところ、居心地の悪いイスだけは、座った瞬間にそのことに気づくものです。Holiは適度な高さで座る人の体を包み込み、そのスリムで無駄のないフォルムを保ちながら、背中を快適に支えます。このコレクションは、アームレストの有無や、2段階の高さが選べるスツールといったバリエーションが豊富で、しかもそれらは全て積み重ねた状態での保管が可能です。背もたれは穴あきタイプと穴なしタイプから選べ、どのような生活空間にもフィットして、家の中と外で使用する家具に理想的な統一感をもたらします。金属の骨組み部分はポリプロピレン製の座面とまったく同じ色で塗装され、一体感を生み出しています。色はホワイト、ブラック、テラコッタレッド、オリーブグレイの4色からお選びいただけます。

DESIGN
Simone Viola(シモン・ビオラ)
MATERIAL
[Seat] Polypropylene [Base] Metal
COLOR
White, Red Terracotta, Olive Gray, Black
SIZE
[Side Base] W:510 x D:485 x H:465/795 mm [Armrest Base] W:510 x D:550 x H:470/785 mm
[Low stool] W:540 x D:510 x H:670/1000 mm [High stool] W:540 x D:525 x H:770/1085 mm